イギリスのCCTV

イギリスでは、街中のあちこちに監視カメラがあります。
というのもイギリスは監視カメラ大国で、日本とは比べ物にならないほどの監視カメラが設置してあります。
監視カメラはCCTVと呼ばれ、イギリスでは500万台以上の監視カメラが設置され、自宅や職場以外はほとんど監視されているようなものです。
カメラの台数が多いため、何時に出社し何時に帰宅したかなど監視カメラを見ればその人が1日どんな動きをしていたかも分かってしまいます。

イギリスでは何故なぜこのようにカメラの設置数が多いのでしょうか。
日本と同様に同じく犯罪防止もありますが、テロ対策の一環として設置してあります。また、監視カメラを管理する組織があります。この監視カメラ管理部隊は、警察と協力し合いながら逃走車を追う際など犯人がどこに逃げたなどを現場警察に伝え、捕まえるという事も行われているため、担当地域の地図を全て頭の中に入れておく必要があります。

また、500万台以上の監視カメラがあるイギリスですが、一目見て監視カメラとすぐ分かるものもあれば、一見これのどこが監視カメラなんだと思うようなものもあります。CCTVの設置台数はイギリスが一番多いですが、中国など国土の広い国でもCCTVの設置が徐々に増えつつあります。